Webマーケティング入門ガイド

webマーケティング(ウェブマーケティング)の基礎を解説する入門サイトです。アクセス解析や、SEO対策、SEM、ネット広告の施策などについて簡単理解!あなたもGoogleアナリティクスを設定してみよう。

SEO対策とは?【カンタン解説】


 

WEBマーケティングの手法には大きく分けて2つありました。

①サイトへの集客を伸ばす
②サイト訪問者が目標に至る確率を上げる

今回紹介するのは、「①サイトへの集客を伸ばす」ための手法のひとつである、SEO対策です。

「SEOって聞いたことあるけど、何のことなのかよくわからない。。」という方も多いと思います。
初心者の方を対象に、基本的なSEO対策の考え方について説明します。


SEOとは

SEOとは Search Engine Optimization の略です。日本語訳では「検索エンジン最適化」ですね。

具体的には、GoogleやYahoo! Japanといった検索エンジンにおいて、自分のサイトの検索順位を上げるための施策のことを言います。

自分のサイトの検索順位が上がると、より多くのユーザーの目に自サイトが触れやすくなることになります。
すると、高い集客効果が見込めますね。SEOの基礎を学び、効率的に施策をとりましょう!


SEO対策の方法

それでは、実際にSEO対策とはどのように始めればよいのでしょうか。

検索エンジンは、検索を行うユーザーにとって有益な情報を優先度をつけて提示するサービスを行っています。
そのサービスは、広告収入を得ることで成り立っています。

従って、より質の高い検索結果を示し、(広告も見てくれる)利用者を増やすことに注力しています。

SEO対策では、この仕組みを理解し、より検索エンジンに自サイトの有益性をアピールすることが重要になります。

SEOの基本的な考え方として、「内部対策」「外部対策」という二つのアプローチの仕方があります。それぞれについて、簡単に説明します。


①内部対策


自分のサイトの中身を改善する施策を「内部対策」と言います。
「サイトのコンテンツが、ユーザーが満足できる品質をもっているか」や「ユーザーが利用しやすいサイト構造になっているか」などの方針に従って改善すると、検索順位が上がる可能性があります。

例えば、情報量の多い高品質な(=例えば、文字数が多い)サイトであれば、「コンテンツの質が高い」と検索エンジンに判断されやすいです。

また、サイト構造が明確であれば、ユーザーにとっても利用しやすいのはもちろん、
検索エンジンのクロールの回遊性(検索エンジンによるサイトの内容把握のための巡回)が向上し、より内容を正確に伝えることができます。


②外部対策


検索エンジンがサイトの質を評価する方法の一つに、外部からの評価という項目も重要です。それを測るのが、被リンク(バックリンク)の数ということになります。

つまり。外部対策は主に、自サイトへのリンクの数を増やすことを指します。

しかし、単にたくさんリンクが貼られていればいい訳ではありません。
自分で勝手にスパムサイトを作ってたくさんリンクを貼ったもの勝ちになってしまうからです。
検索エンジンは、被リンク元のサイトの品質を評価基準に組み込むことで、総合的にサイトの外部評価を判断しています。


以上が、SEO対策の基本的な考え方です。
「内部対策」や「外部対策」の考え方がわかっていれば、実際にSEO対策の施策を考える際にも有効です。

具体的な施策の方法については、このサイトでも順次公開していく予定です。
また、「SEO対策」や「内部対策」、「外部対策」などのキーワードで検索してみましょう!
検索エンジンが有益だと判断したコンテンツの質の高いページが表示されるはずですよ

カテゴリー:SEO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five × four =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)